埋没毛の処理

「埋没毛の処理」は間違えるとさらに症状をひどくします。

「腕やひざ下に埋没毛がひどすぎて、ワンピースもスカートは履けない・・・」

脱毛や除毛のしすぎで埋没毛(埋もれ毛)がすごいことになっていませんか?埋もれ毛は 遠目でみると青ひげのように見えたり、シミのようにみえるので、恥ずかしいですよね。

埋没毛は、毛抜きや剃刀での間違った自己処理の結果、できてしまったもので、それをさらに 毛抜きでほじくる、といった処理を繰り返してしまうと、傷口が広がり、雑菌が入って毛嚢炎になったり、 重症化してシミ、色素沈着の原因になってしまうこともあります。

シミや色素沈着ができるまで、ひどくなるとレーザー治療でも完全にきれいにするのは難しくなる場合が あるので、埋没毛は絶対にほじったりしないことが大切です。

埋没毛は、細い毛の場合はある程度、皮膚の中で成長した後、自然分解されてなくなります。 そのため、目立たないわきなどは放っておいてもいいんですが、足や腕、顔など人の目につく箇所となると そうはいきません。

完全に埋没毛をキレイにするのなら、やはり皮膚科やエステで脱毛するのが一番確実な方法になります。

特に医療レーザー脱毛は、レーザー光が皮膚の表面を透過し、毛根と毛乳頭のメラニンの黒色だけに 選択的に吸収されるので、埋もれている毛であっても光が皮膚を貫いて焼いてくれるので効果てきめんです。

毛を産毛みたいに薄くする程度で構わないのであれば、4〜5回通えば、かなり薄く、目立たなくなりますよ。

自己処理をすればするほど肌を傷つけ、埋もれ毛になるのでお肌の弱い方にこそレーザー脱毛はオススメです。

埋没毛の処理を自宅で簡単にする方法

埋没毛も処理して、手足をツルツルにするために本当は皮膚科やエステに行って脱毛したいところだけど、 経済的にそこまでの余裕がない、自宅で自分でできる方法はないかと探している人もいるはずです。

なんだかんだでレーザー脱毛は1回あたり8,000〜10,000円しますからね。通うとなると大変です。

そんな人におすすめなのが抑毛ジェルと電気シェーバーを使った方法です。

基本的なムダ毛の処理は、毛抜きや剃刀ではなく、肌に負担がかからない電気シェーバーでやるようにします。 そして、処理後に抑毛ジェルをしっかり塗りこんでください。これが大事です。

電気シェーバーは肌を傷めずムダ毛の処理ができる反面、効果の持続がありません。だからこまめに手入れする ことになるんですが、抑毛ジェルが効いてくれば、その回数も減ってきます。

毛が薄くなれば、ムダ毛の手入れをすることも減り、結果的に埋没毛(埋もれ毛)もなくなるというわけです。

肌を保護しつつ、埋もれ毛も解消していく。これができるのが抑毛ジェルと電気シェーバーを併用する方法です。

埋没毛の処理におすすめの『コントロールジェルME』

【特徴1】 100%天然植物成分だから肌にやさしく安全・安心

【特徴2】 お風呂上りにジェルを塗るだけの簡単1分ケア

【特徴3】 14年のロングラン商品で41万本の販売実績

【特徴4】 効果がなければ100%全額返金してもらえます。

コントロールジェルMEには、毛を細くするヒオウギエキス、毛を生えにくくするグルコサン銅といった抑毛成分の 他に、肌のダメージを回復させる美容成分が31種類も配合されています。

コントロールジェルMEのタンパク質分解成分とアラントインなどの美肌成分の働きで、埋れ毛のおきている、 毛包上部表皮の角質化した皮膚を取り除いていくので、継続して使用することで、肌を保護しつつ、埋没毛(埋もれ毛) の解消もできるわけです。

ムダ毛処理をしてから、コントロールジェルMEを塗ると、保湿も兼ねて有効成分が肌内部まで浸透します。

100%天然植物成分なのでアトピーっぽい乾燥肌やニキビでお悩みの敏感肌でも肌に負担がかからないので 肌が弱い人でも使えるというのはうれしいですよね。顔にもたっぷり使えます。

『コントロールジェルME』は、全国で200以上のボディケアサロンが品質と効果を認めてサロンで使用していますし、 脱毛や除毛の自己処理が原因の埋没毛から解放されたい人には便利な抑毛ジェルになると思います。

>>コントロールジェルMEの詳細・販売ページはこちら<<